Googleポリシーを理解しアルゴリズムに耐える骨太のサイトをつくる(その2)

この記事は1分で読めます

需要

需要とアドセンスの関係

すでに知っているとは思いますが、
アナタがタイトルに含めたキーワードを使って検索したとき、
検索結果の1ページ目に表示されるようでなければ
思うようなアクセスを集めるコトは出来ません。

スポンサードリンク

では、キーワードとはいったい何なのでしょうか?

 

それは、詰まる所、ユーザーの欲求の現れです。

 

そして、ユーザーの欲求が存在する場を商業的=経済的に捉えたものを『市場』と呼んでいます。

 

それでは、私やアナタを含め欲求を持たない人間がいるのでしょうか?

 

 

 

この問いに長い時間を要する人がいるとは思えません。

 

何かを調べるまでもなく

ほぼそんな人間はいない!

と、直感的に答えることができますよね。

 

 

つまり、『どこにでも市場は存在し、需要はある』というコトになります。

 

人ある所に市場は存在し、人はいつも何かを欲するために需要が生れ、需要はキーワードに現れる。

 

というコトなんです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

""