水泳クロールのコツ!速く泳ぐにはNGの常識をひっくりかえす秘密

この記事は2分で読めます

これまでクロールで速く泳ぐためには必要と思われていたあの方法に、

衝撃の・・・そして常識を覆す情報が得られました!

(; ゚Д゚)

今回は、その衝撃の事実を報告します。

マジ びっくりしたわ

スポンサードリンク

夏と言ったらプール!(海もイイ! ^^;)

プールや海で スィーとクロールで泳げたら気持ちいいし、カッコイイ!

しかも、それが速かったら・・・もはやアナタは特別な人!

がっ!

これまでクロールで速く泳ぐためには必要と思われていたあの方法に、

衝撃の・・・そして常識を覆す情報が得られました!

( ゚Д゚)

もしかしたら・・・この事実で

オリンピックの水泳・自由形(ロール)が激変するかもしれない。

それくらい、インパクトがありまっせ。

まっせ・・・って、あんた誰? ^^;

水泳で最速の種目

ところで、

水泳で最速の種目といえば 自由形 = クロール ですよね。

そこで、クロールの泳法は? というと・・・

両手を進行方向に向かって交互に回転させて水を掻き(かき)、

同時に、両を 交互に 上下に バタつかせることで水力を得て泳ぐ方法。

swimmers-480

ザックリといえば、こんなカンジでしょう。

そうすることでクロールというのは、

現在の競泳種目の中で最速のタイムを出しているワケですが

どうも、両足を上下にバタつかせるコトが

必ずしも スピードップにつながらないという調査結果が得られたようです!

(; ̄Д ̄)なんっ!

100mを約77秒より速く泳ぐと・・・

これは、筑波大学 と 東京工業大学 の研究チームによる研究結果なのですが

秒速1・3メートル(

100メートルのタイムで 約77秒(秒速1.3メートル)より速く泳ぐと、

ばた足による水の抵抗が大幅に増え、推進力の邪魔になるそうです。

(; ̄◇ ̄)えぇっ

生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」に論文が掲載されました。

journal_of_biomechanics
(画像をクリックするとジャンプします)

で、実際それがどんなレベルの人に当てはまるのがを調べてみると・・・

公益財団法人 日本水泳 のページに行きまして

2018年4月に行われた 「第94回 日本選手権水泳競技大会」 の 100mの 参加標準記録 は

参加標準記録

短水路(秒)

長水路(秒)

男子

49.33

50.50

女子

55.71

56.91

男子も女子も 100メートル77秒より 20秒以上も速いです!

というコトは です、

これからの水泳・クロールのおいて

バタ足をしない選手が出てくる・・・

かもしれない。 というコトですよね。
(; ̄◇ ̄)エッ

もしかしたら 私たちは、クロールと言われる泳法の 劇的変化を見られるかもしれません!

だとしたら、スゴイことですよね

( ノ゚Д゚)

チョット、これからの水泳界に注目したいところです。

デワデワ
(^ω^)ノ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

""