Googleポリシーを理解しアルゴリズムに耐える骨太のサイトをつくる

この記事は2分で読めます

市場

ブログを書いた後、自分の記事にどれくらいのアクセスがあって、
狙ったキーワードで何位なのか? って気になりますよね。

 

私はよくこのチェックサービスを(SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール)利用しています。

スポンサードリンク

 

アナタがブログに AdSense広告を配置して
「 トレンドアフィリエイト 」 をしていれば特にそうなりますよね。

 

トレンドアフィリエイトとは

 

トレンドアフィリエイトをザックリ説明すると

検索サイトから需要(キーワード)をみつけ、そこにコンテンツを供給する。

ライバルが少なく、需給バランスの差が激しいほどコンテンツに人は集まり(アクセス数)、それに伴って AdSense広告のクリック数が増える(収益の増加)。

というビジネスモデルです。

 

 

アナタも含め、たくさんの人がこれを実践していると思いますが、
なかなか結果が出ない”という声もよく聞かれます。
б(´・ω・`;)

 

 

その表面的な理由というのは、
先ほどのチェックサービスで自分のブログを調べてみると
2ケタ、3ケタの順位だったり、下手をすると“圏外”に飛ばされているとか。
( ̄ロ ̄lll)

 

一般に、自分の期待する検索キーワードでの検索結果において
1ページ目に表示されないなら「ゴミ」同然
と言われていますからね。

 

一生懸命ブログを書いても、「ゴミ」の烙印をおされたら
そりゃぁ落胆の極み。

 

「ちっとも稼げやしない」と、トレンドアフィリエイトを辞める方が後を絶たないのも頷けますって。

 

 

 

原因は何?

  • 原因の1つは、適当な需要(キーワード)が見えていないというコトです。

当たり前のコトなんですが、これについてのヒントは検索すればいくらでも出てきます。

そして、そうして見つけたそれらのヒントはどれも至極真っ当で、
感の良い人なら、それらを理解し改善するコトで稼げるようになって行きます。

今、ココで私の言えるコトと言ったら、
需要の捉え方として “今を考える” か “未来を考える” かというコトだと思います。

 

 

  • 原因の2つ目は、ライバルチェックが甘いというコトです。

ライバルがいない状況をブルーオーシャン

逆に、ライバルがひしめき合っている状況をレッドオーシャン というのですが

レッドオーシャンで勝負していたら、厳しい戦いになるのは分かりますよね。

アナタが選んだキーワードがそうであるなら、その通りの結果になるのは自明の理というものです。
(; ̄Д ̄)

 

 

 

対策は?

需要

ここまで、「需要」という言葉が何回か使われてきましたが、

あらためて「需要」とはなんでしょうか?

 

 

もし、アナタが “本気でアドセンスで稼ぐ” と思うのなら、
ココは真剣に考えてみて下さい。

 

 

というコトで答えは次回に...

(^ω^)ノ

Googleポリシーを理解しアルゴリズムに耐える骨太のサイトをつくる(その2)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

""