サモトラケのニケ!完全体も可能?テーブル美術館のフィギュアがスゴイ!

この記事は2分で読めます

サモトラケのニケ

ギリシャ彫刻で女神ニケを題材とした芸術作品ですが
首と手がないことで有名な彫像が完全体でできるとしたら・・・

そして、ギリシャ彫刻のチョットしたのお話も・・・

スポンサードリンク

GOOD SMILE COMPANY(グッドスマイルカンパニー) という
多数のフィギュア作品を製造、販売している会社から

マックスファクトリー商品『figma』より
「テーブル美術館」シリーズの第10弾として
モトラケのニケ が発売されます。

>※ほかの楽天ショップで「サモトラケのニケ」を検索する!

この造形美がなんとも言えませんね。

画像を見ても見なくても
分かっている人にはわかるのですが
サモトラケのニケには、部 と 腕 がありません。

サモトラケのニケの本来の作者は、 
完全体を見て欲しいと願っているとは思いますが
現代に生きる あなた や 私たち にとって
この、失われた部位のままという作品こその
というものを感じていますよね。

それが、もう一つの彫像と合体させることで
完全体になってしまうとコトらしいのです!
( ゚Д゚)

 

その もう一つの彫像というのがコチラ
マックスファクトリー商品『figma』より
「テーブル美術館」のミロのビーナス

コチラも本来は腕のない彫刻ですが
オプションで腕がついてます。

(首は最初からついてますよ ^^;)

そこで、サモトラケのニケと
ミロのビーナスの腕を使えば・・・

nike_miro

こんなことに・・・

こうなって良いのか 悪いのかは
賛否の分かれるところかもしれませんが
発想自体はスバラシイのではないかと思います。

ギリシャ彫刻は なぜ白い?

私たちが目にするギリシャ彫刻って基本白いですよね。

私もずーーーとっ そういうものだと思っていました。

がっ!

実は、本来のギリシャ彫刻というのは
目も覚めるような 鮮やかな色彩で 塗られていたんです。
( ;゚Д゚)

よく考えてみると さもありなんと思いませんか?

あの美しいエーゲ海にある文明が
そこで生み出された創造物を
白だけで済ますなんて。

じゃぁ、だれが白くしたんだ!? ってことですが

なんと、あの大英博物館です。

はぁ・・・?

どうしてそんなことを?
(*´Д`)

1930年、大英博物館は
「エルギン・マーブル」と呼ばれる彫刻群(パルテノンから削って盗んできたもの)を、
「美しく見せるため」として、
削り落として真っ白に洗浄してしまったんですね。

いやぁもぅ・・・人間の不遜っさて救いがたい。

人よ、ありのままっていうのを
素直に受け取れるようになりましょうよ。
( ・ω・)

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

""